11章  「自然法則と黄金分割」 by プラトン 


 今回は、創造の原理から、いかにして宇宙の要素が作られ、

 そして、いまあなたがたの住む、三次元世界に、

どのように、宇宙の意識が反映しているかを、お話ししたいと思います。


  「宇宙の根源は、無であり有である」と、無のなかに有が存在している。

 このような状態は、ちょうど球体の中に、「有」と「無」が混在した、

いわゆる「ダークマター」という、まだ物質も発生していない、


 ただ「エネルギー」だけが、強い密度で充満している状態、をいいます。


  そのような中に、ちょうど自然界を、5つに分ける要素、

五大要素(空、火、水、地、風)というものが、作用したのです。


 「水」の性と「火」の性、これは全く性質が違うものです。

 「火」と「水」は、ちょうど正反対の性質を持っています。


 その「火」と「水」があるがゆえに「光」が発生するのです。

 「火」と「水」が逆作用したとき、「光」はなくなり、「闇」となります。


 そして「光」は、「フォトン」という、光子体を、宇宙空間に、降り注いでいるのです。



 つまり、この正反対の性質を、五大要素の中にとりいれて、構成してゆくと、

 他に「風」と「地」という、正反対の要素が必要になってきます。


 「風」と「地」というのは、何かというと、「地」は、生きるために必要な、

重力場の領域を形成いたします。「風」というのは、その重力場を分散させたり、

収束させる性質をもっています。この二つが、うまく相互作用したときに、

強力な、「龍脈」という、風水スポットが発生するようになっています。



 そして、これらの4つの要素を、うまくバランスをとり、調整し、

「場」を形成する役割をなすのが、「空」の性質なのです。


 言い換えると、あらゆるエネルギー源を、あなたがたに与えるために、

転換したり、拡散したり、収束させたり、回転させたり、消滅させたりする性質を持つもの、

 これを、「五大要素」と、よんでおります。



  「五大要素」が均等に作用したとき、ちょうど「星形の五角形」を作り上げるのです。

この五大要素が「創造宇宙のトーラス」の中を、ぐるぐる、ぐるぐる回転しているのです。


 そして「星形五角形」の中には、きれいな黄金分割比が現れるのです。(黄金分割比とは、

1:1.618、という分割比を指します。また、その逆が、0.618となります。)


 この「黄金分割比」というのは、数字を「1,1,2,3,5,8、13、・・・・」と、

いうふうに並べてみてください。これは、隣り合わせの数字を足して、その次の数字は、

 たとえば、1と1を足すと2(1+1=2)となります。2の次は3になります。

 つまり 1,1,2,3… という数字の配列になっていくわけですが、

 永遠に、この演算を繰り返してゆくと、出てくる数値が1.618。

または、0.618に収束してゆく数列をいい、これを「フィボナッチ数列」ともいいます。


  この数字の配列というのは、自然界の、この五大要素を基準とした、分布システムにも、

適用されているのです。隣り合わせの数字を割ってゆくと、限りなく「黄金分割比」に、

近づくようになっていきます。


 これが自然界の「永遠に続くフラクタル構造」または、「入れ子構造」を、

うまく説明出来るのです。



 私たちの身の周りの、自然界をみていってください。

 樹木の枝分かれや、花びらの数や、あるいは進化の法則、

細胞分裂のあり方、一つひとつをみていってください。


 それも、原子のみではなくて、素粒子、もっともっとミクロの世界でも、

まったく同じ仕組みになっているのです。

 原子から分子、分子結合から、細胞に至るまで、同じ法則が、

すべて成り立っています。自然界も、すべての物質をなすもの、すべてがそうなのです。


 「宇宙の根源」において もこの「黄金分割の法則」が隠されているのです。


 自然をみれば、宇宙の法則の、すべてがわかるようになっているのです。

 現象にある世界を、どれひとつでもいいです。

 一部を深く観察するだけで、宇宙の根源法則が、わかるようになっているのです。



  最初に、五つの要素から発生した、渦状のエネルギー。

 この渦状の回転エネルギーが、36度の傾斜角度を保ちながら、

(これは黄金分割比がつくりだす角度で、 星型五角形が作り出されます。)


 この、36度の傾斜角度をもつ、螺旋状の右回転と、左回転、そのエネルギーの、

流れのなかにあるわたしたちは、この法則に従いながら、宇宙空間のエネルギーを、

有効に取り入れるように、または取り入れられるように、発生し、進化していくのです。



 すべての生命体は、この進化の法則に従わざるを得ないのです。

 宇宙エネルギーをうまく取り入れる。そして、取り入れざるを得ないように、

なっていくのです。そのために、形態も変わるのです。


 そして、色、形、香り、構造、あらゆるものの形態を、変えていくのです。

 それは宇宙のエネルギーの変化に従っているのです。


 宇宙空間のエネルギーを取り込みやすいように形態を適応させてゆくのです。



 体の中にある「経絡」、「ツボ」というのも、肉体意識世界での、

形態共鳴におけるエネルギーの吸収、放出を、行うためにあるものなのです。

 何一つ無駄なことはないのです。

 自然法則に従って、それに呼応して、私たちは進化していく。


 それがゆえに、人の意識、心、魂の進化も、

その流れに従って行かざるを得ない。


  「創造宇宙のバイブレーション」というのは、

どんどん、時を経るに連れて、上がっているのです。


 回転の速度が、宇宙中心にある、回転トーラスのスピードが、

どんどん上がっていくのです。


 そのスピードに呼応するように、わたしたちの魂、意識が、

心も、体も、そしてすべての生物、地球、太陽系、銀河系、宇宙にある、

すべてのものが進化していくのです。


 この法則に従わないものは、そこで死期ををむかえる。停止が起こってくるのです。


 「アセンション」という概念は、この宇宙中心からくる回転スピード、

回転速度を持つ特殊なエネルギー源の、「流れ」を指しているのです。


 一定の周期があり、その周期に呼応するように、人々は、その波動を受けながら

「意識」が変わっていくのです。


 この波に乗るということを「アセンション」する、と言っているのです。



 この五角形を成すエネルギーの波、自然、あるいは宇宙法則というのは、

物質を作らざるを得ないが為に、角度を持たざるを得ない、のです。


 球体空間だけでは、物質は作られないのです。

 その中には「有」か「無」、それ以外には存在しえないのです。

形を作るためには、角度が必要なのです。



 円形の中にできあがる多角形。

 三角形、四角形、五角形、六角形、七角形、八角形、などの角度を持つものすべて、

角度を数霊的に転換したとき、必ず「9」という数に、帰結するのです。


 つまり、「9」の数字が、数霊では最高数となります。



 この黄金分割比の角度、それをすべて集約させたものが、

ピラミッドの構造の中にあるのです。ピラミッドの中には、螺旋法則、黄金分割、

五角形、六角形、円周率、もあります。

 自然を説明する、定数というものを、すべて含んでいるのです。




 さて、この星形五角形が作り出す、五角形の法則を、

地球ヘというか、この三次元の世界に、転換する方法を説明いたしましょう。


 黄金分割数列を、これを、フィボナッチ数列とも申します。

 これは自然対数を作り出す数列をも意味します。

 「1、1、3、5、8、13、・・・」という並びを、みていただければ分かるように、


 5から3に下がるのです。4ではないのです。

 5の法則から、3の法則に下がるということです。


 そして、この5の法則が、次元低下されて、あなた方の世界に3の世界、

つまり、「三次元の世界」を、作り出すようになっていくのです。


  しかし、その三の世界に、二つの極性ができるために、

プラスとマイナスが発生いたします。そのために、「3のポジティブ」、

「3のネガティブ」という法則が出来てしまうのです。


 組み合わせると、「6」のパターン。「六芒星」が出来上がるのです。

 この模様が象徴しているように「3」の逆性質を二つ重ね合わせたものです。


根本的には、それも「5」の要素から作り出されたものなのです。



 当然、宇宙には、もっと根源(根元)の宇宙には、

「5」の中に、また逆の性質を持っております。


しかし、よく「五芒星」というのを見つめていただければ分かるように、

「5芒星」の中は、二つに分離ができません。


 一筆書きであれば、「右書き」か「左書き」か、ということになります。

 右書きには「右巻きの五芒星」、左書きには「左巻きの五芒星」が、

発生してしまうのです。


  その「五芒星」が、「右巻き」か「左巻き」ということで、

宇宙のエネルギーは、右か左かに分かれてしまったのです。そして、

この三次元界に、エネルギーを転換したときに、また、三次元の中に二つの極を分け、

分極していったのです。


 結論としては、三次元のエネルギーは「星型五角形」の原理から、やってきているのです。


  人の体というのは確かに、男性、女性に分かれざるを得ません。

 その中で、自分自身の中に「六角形」ができたとき、それも「六芒星」です。

 自分の中に男性性と、女性性を、完全に統合できたとき、「六芒星」ができるわけです。


 そして、もう一つ「五芒星」を、あなたの体の中に入れてみてください。


 このふたつ、「5」と「6」を統合したとき、あなたがたの魂、心、体、意識、

 すべてが宇宙の根源と一体となるようになっているのです。


 そうなったとき、あなたの肉体は、宇宙エネルギーで、それも、

根源のエネルギーに、満たされるようになってゆくのです。


 それも、「五芒星」から発生する、「黄金分割」のエネルギー源なのです。



 光や色や香りや味、皮膚感覚、すべてにおいて、あなたがたが宇宙と一体となって、

心地よく感じたり、感動を覚えるのは、黄金分割のパターンがそこにあるからです。


 音楽のメロディーに、リズムの中に発生する、黄金分割のパターン。

 これを聴いたとき、あなた方の心は、宇宙根源につながるようになっているのです。


 ルネッサンス期の絵画、音楽、芸術、詩、すべてそうなのです。

 詩の韻律にしても、同じことがいえるのです。


 美しさを感じれば、その中に「宇宙の根源の法則」が働いているのです。

 宇宙の根源と共鳴できる、要素すべてに、黄金分割のハーモニーがあり、

人に感動と、パワーを与えるのです。



  植物をみてください。花をみてください。動物をみてください。自然界をみてください。

川の流れ、せせらぎ、鳥のさえずり、この中に、黄金分割を放つ、

自然のリズムが流れていることを、発見できるでしょう。


 気づきというのは、自然をみるだけで、多くのことを教えられるのです。

 自然界から、わたしたちは教えられることは、もっとたくさんあるのです。


 その中に立って、感動を覚えてください。

 感動すること、素晴らしいと思えること、素敵に思えること。

 それこそが、宇宙のバイブレーションと共鳴する、唯一のステップなのです。

 そのひとつひとつ、すべてが「アセンション」のヒントであることに、

気づいていただければよいと思います。




黄金比を発生させる数式を示しておきます。

ここに自然界の多層構造、美しさを感じ取れることと思います。





(参考図がこちらにもあります)








 

 
Home Sacred Star Energy Goods 無玄堂 E-Mail